内陸アジア史学会

SOCIETY OF INNER ASIAN STUDIES
TOP
本会について
大会・講演会
『内陸アジア史研究』
出版物
関係学会・研究会
学術情報
入会のご案内
会員の皆様へ
連絡先
大会・講演会
 
  2020年度 
   2020年度内陸アジア史学会大会 発表者募集のお知らせ

 本年度の内陸アジア史学会大会は2020年10月31日(土)に早稲田大学にて開催される予定です。つきましては,大会での発表者を募集いたします。発表を希望される方は申込用紙に必要事項を記入の上,5月末日までに下記事務局宛てにメールにてお送りください。6月開催予定の常任理事会にて審議の上,採否を決定いたします。

  事務局:siasmail◎mail.goo.ne.jp(◎を@に置き換えてください)

 なお,大会の発表は本会会員の方に限られますので,非会員の方は申し込みと併せて入会手続きをお願いいたします。
 また,新型コロナウイルス感染拡大の影響により,大会開催についても変更が生じるかもしれません。変更が生じた場合には改めてお知らせいたします。

  2019年度 
  2019年度内陸アジア史学会大会のご報告

 11月9日(土)に東北大学片平キャンパスにて2019年度内陸アジア史学会大会を開催いたしました。
 研究発表(13:10~16:00)
  1.ハスゴワ(神戸大学・博士課程)
   「オルドスにおける義和団事件―なぜ教会が攻撃されたのか―」
  2.広川佐保(新潟大学)
   「蒙疆政権下における盟とその機能―オラーンチャブ盟を事例に」
  3.長峰博之(小山高専)
   「『テュルク系譜』エディンバラ写本補足のクリミアのハンたちに関する記述に ついて」
  公開講演(16:20~17:20) 共催:東北大学東北アジア研究センター
    古畑徹(金沢大学)
   「北狄としての靺鞨・渤海」

  大会では最新の研究成果による発表・報告が行われ,大会・懇親会ともに盛会のうちに終了いたしました。発表者・講演者の皆様,参加者の皆様,関係者の皆様に感謝申し上げます。
 次回大会は,2020年10月31日(土)に早稲田大学で開催される予定です。


 過去の大会
これ以前の大会の概要や報告者につきましては、こちらをご覧ください
Copyright © Society of Inner Asian Studies, All Rights Reserved.